STANDARD @IMPORT
Diary Europe 2019

よーことファンの物語


よーこはヨーロッパを旅していてグラナダにたどり着いた。そしてグラナダでファンという男の子に出会った。

ここからイマジネーションを使って物語を作って。

よーこはグラナダという街が気に入り、次の年の夏もヨーロッパに戻り旅を続けた。その年は中東やイスラエルにも行った。グラナダで出会ったファンを誘ったが彼は仕事で忙しく、グラナダを離れることが出来なかった。2人は次の夏は再会を果たさなかった。この物語は続く 

ここからは現実の話

グラナダで出会ったホセくんとバルを4件回って最後にカウチでゆっくりしながらイマジネーションゲームが勝手に始まった。よーこ(オノヨーコから。日本語の一般的な名前として)ファン(ラテン語圏の一般的な名前)という名前を借りて多分自分の話したんだと思う。

ホセ君が言うにはよーこはクレージーさが足りないからもっとクレージーになったほうがいいというアドバイスが。

そうなのかもーなんか自分の話してるみたいですごい面白かった。ホセ君は6歳の女の子をサメからレスキューする話を急にはじめてわたしを驚かせた。うそでしょって思ったけど、すねにあるすごい傷跡を見せられて、ウソの様な本当の話なのかもと思い始めて。(後で聞いたらそれは自転車で転んでできた傷)

このくらいドラマティックに作った方がいいの?と聞いたらドラマティックな必要はないけど、よーこはファンに会いに行かなきゃ行けないんだよ!って

想像力は豊かにしておきましょうと思った夜でした。明日はこの旅の最南端の街マラガへ

Love my life ♡ Ayano


You Might Also Like...

No Comments

    Leave a Reply