STANDARD @IMPORT
Monthly Archives:

4月 2018

Diary

April Reflection

4月が始まる前に私はなにをあげていたか見返してみたら ・できるだけワイルドに生きる ・ソンクラーンフェスティバルを全力で楽しむ ・カイトサーフィンができるようになる(ドラゴンに乗るための練習でもある) ・2つのウェブサイトを完成させて、公開する ・ベットメイクを毎日する ・敬語を使うのをやめる。相手を本当に知りたいときに邪魔になるだけだから   ヘッドスタンドの写真と一緒にインスタグラム […]…

Diary

風邪をひいたとき風邪をひいたと言わない

タイトリップから帰ってきて2日連続でお仕事があったり、久しぶりに会うお友達と会ったりしていたら、なんだか首回りというかリンパ節とかがギンギン痛み出して、気が付いたら頭痛の様な痛みもあったり。でも焦らなくても週末は丸1日空いていると思って過ごしていたら、夜に熱っぽくなったので次の日は気が済むまで寝てみた。はちみつをなめたり、緑茶を飲んだりしていたら気が付いたら体の痛みも、頭の痛みもなくなっていたよ。 […]…

Thailandtrip2018

ソンクラーンフェスティバル2018 Songklan Festival

ソンクラーンフェスティバル ソンクラーンフェスティバル。タイのお正月で、水をかけまくって新年をお祝いするお祭り。とにかく歩いているだけで水をぶっかけられる。楽しかったけど、もし次行くなら1日で十分ですって感じかな。ただとにかく刺激的で人生に一度は味わっておいて損はないと思うよ。私はこのバンコクで開催されたEDMのイベントにも参加してきたよ Songklan Music Festival 刺激的!と […]…

Thailandtrip2018

Hua Hin フアヒンでゆっくりと南国を味わう

フアヒンは、1928年にラーマ7世の別荘が建てられて以来、由緒正しき王室ご用達のリゾート地として知られる海辺の街。白い砂浜を馬の背に揺られながら闊歩したり、国鉄駅の情緒を感じたり、海辺の宮殿ではるか昔のタイ王国に想いを馳せてみたり…。上品でしっとりと過ごすのがフアヒンを楽しむ秘訣。バンコクからは車で約3時間ととても手軽に行けてしまうフアヒンの魅力をみんなに伝えたくて。 フアヒンへの行き方 バンコク […]…

Thailandtrip2018

きっとこれは人生転機のサイン?

自分の体力には自信があったから、タイトリップから帰国翌日には仕事を始めました。 結果これでよかったなと思ったのが無理やりにでも自分を現実世界に戻してくれたこと。いつまでもバケーション気分で東京にいたら逆に病気になっちゃう。そしてひとつヨガのクラスを自分のためにとれてよかったな。予定ではジムに行こうと思ってたんだけど、予想外のタイで一瞬恋に落ちてしまった心の修復に時間を回したくて。それはヨガが一番よ […]…

Thailandtrip2018

フアヒンでカイトサーフィンを習った

  ただいま。タイって刺激的ね。現実世界に戻れるか心配だったけど最後の夜バンコクで真っ赤に燃える夕日をひとりで見たら自然と時間をかけて、こちら側の世界に戻ってこれました。タイにいる間はこんな変なことばかり口走ってたよ。 最初の週末はSongkran Festivalといってタイのお正月。街中がお祭り騒ぎでした。でもね今日はフレッシュな記憶から書き出すね。お友達とバンコクでお祭り騒ぎの後に […]…