STANDARD @IMPORT
Diary

食事について‐コロナの時代‐


ここで腸活の様なお話をしようとしてるのではないので、先に言っておこう。もう少し、エネルギーの話に近いと思う。

わたしがはじめて夏バテというものになったので、これはなにかがおかしいと思い、ここ一か月間自分の身体と対話を続けてきた。

2020年3月から騒がれている新型肺炎の影響で働き方が変わり、人との付き合い方もかわり、家族にも会えないという状況が続いている中で、心になにも障害がでないほうがおかしいので、わたしは自分の身体や心は正常に機能していると思っている。

食べたくないものは、食べたくないのだ。

その代わり、青汁のピューレや、コールドプレスジュース、コンビニで売っているビタミン剤も飲むし、液体に頼ろうと決めた。

1日一食はごはん、サラダ、ゆで卵を口にすればいいと決めて、食欲に任せた。

繰り返すが、無理やり食べても栄養にならないと思っている(わかっている)。これは栄養の問題ではなくて、心のエネルギーの低下とわかっていたから。

人と共に食事をすることの大切さを改めて実感できた、いい機会とポジティブにとらえている。

このままの状況が続けば、体力がなくなり、新型肺炎に万が一かかってしまっても体は戦えないかもしれない。

新型肺炎の影響から、新しいスタンダートになった“ソーシャルディスタンス”

友人に遠慮して、一緒に食事に出かけられないという状況は予想以上にわたしの心に影響を与えた。家族そろって食事をしたのは正月だったので、もう9か月も経っている。

年末には家族に会えるだろうか?

東京に住んでいる、友人とは会い始めた

わたしにとって人とコミュニケーションをとることは不可欠

それこそ、病気になってしまう。

今まで通り定期的なヨガのレッスンはオンラインで続けるが、そろそろどこかでワークショップの開催もしたい。

9月13日からわたしの太陽星座山羊座でジュピターが順行に戻った。幸せの星、拡大の星に導かれるままに前に進んでいこうと思う。

すこしづつ、書くことを再開したいと思う

いつもブログを読んでくださる方、ありがとうございます

✴お知らせ✴

電子書籍「Yin Yoga -人という大宇宙の器‐」を出版しました

これからも新しいことに挑戦することは続けていきたいです

Love ♥ Ayano


You Might Also Like...

No Comments

    Leave a Reply