STANDARD @IMPORT
Diary

I can’t get enough and won’t get enough of it


いつから言い続けているかな?手塚治虫『火の鳥』からのインスピレーションで生きています。

友人でもある、ヨガの先生に紹介されて『ブッタ』を読んだのがきっかけで、そこから半年くらいかけて手塚治虫の漫画をたくさん読みました。2018年だったと思います。

『火の鳥』の好きなところは、人間同士の出会いに偶然というものはない。というアイデア

育ってきた環境や、肌の色、宗教、教養(すらも)いろいろ関係してくると思います。

だたひとつ、はっきり言いきれることが

今、一緒に過ごしている方とはなんらかのご縁で今世会っています。

同じ時代に生まれただけでも、奇跡だと思いませんか?

そして、今この困難な状況新型肺炎の影響からの新しい常識となりそうな、変動の時代の変化が巻き起こっている時に、一緒に時を過ごしている人たちは特別だと思いませんか?

わたしはすごく強い縁を感じています。

わたしは、ヨガのインストラクター、文章を書くことを仕事としています。

インストラクターとしては、人が想像する以上にたくさんの方と出会う、お付き合いする仕事だと思っています。というのも、毎週顔を合わせる方の、表面だけを見て付き合えるかというとそうではありません。

わたしたちは、知らない間に深い部分で繋がっているからです

気づきはないかもしれません

特に、気づいておく必要はないと思いますが

わたしたちは深いところで繋がっています

だからこそ、わたしがお話ができる“範囲”というものも広がるし

おそらくレッスンへ来てくださる方、わたしの文章を読んでくださる方

どこか、共感をしているからだと思っています。そうでなかったら、わたしがレッスンを終えた後の、充実感は説明できません。

わたしはとてもあたたかな、エネルギーに満たされてレッスンを終えます

今日は眠いなと感じましたが♡

そういった、エネルギーの交換をしているのだと自覚してどのレッスンも行っています

わたしたちは出会うべくして出会っています

この困難な状況を乗り越えるために

エネルギーワークを一緒に続けましょう

英語の表現 Touched my heart という表現が大好きです

感動したと、直訳していいと思います。もっと、心を打たれる感覚

わたしはそんな関係をいつも良しとしています

ハートとハートが繋がる関係

それ以上のものも、この世には存在しないだろうし

お知らせ

電子書籍「Yin Yoga -人という大宇宙の器‐」を出版しました

これからも新しいことに、挑戦することは続けていきます

I can’t get enough and won’t get enough of it

Love ♡ Ayano


You Might Also Like...

No Comments

    Leave a Reply