STANDARD @IMPORT
Browsing Category

Books

Books Diary

言葉のセンス

お疲れ様です。という言葉が嫌い お仕事関係の方との、会話やメールのやりとりで使うのは100歩譲ってよしとしよう。 友人に言われると、イラっとするのです。というのも私は疲れていないから。疲れていても、お疲れ様ですと言われても嬉しくない。 そして、もし慣用句になっているのなら、使わない方がいいと私は思います。その言葉の意味をなさないまま、ただ 「お疲れ様です」 っていうなんて、壊れたオルゴールから音が […]…

Books Diary

3月4日 2021年 日記

長いトンネルの中にいた1,2月、最小限に会える人とあったり、最小限の仕事をしていました。 たまにはこういう時間大切だなって思います。 砂漠になにも持たずに1カ月くらい籠りたい夢はあるけれど、ま、そのうちすると思います。わたしのこの世界から切り離されたい欲はどこからくるのか? たまに、詩集を読みたくなります。良い文章を読んで、良い音楽を聴くことは心にとってなによりの癒しです 『ぼくたちは今日も宇宙を […]…

Books Diary

今の気持ち 2月のわたし

私事ですが、行きたかった瞑想コースのキャンセル待ちをギリギリまでしてまして、明日からコースはスタートなので、現在コースが始まる前日の17:30。まだあきらめられずに、連絡を待っています。今回はご縁がなかったのかな~この機会を逃してわたしは春まで生き延びるかな? 一度、色々リセットしたかったのだけど もし行けなくても、ひとりでどこかに籠るんだから みなさんも、なにかをリセットしたくなったことはありま […]…

Books Diary

Be Happy

この言葉を聞いてピンッときたひと。あなたは古い生徒ですね。 あ!(笑)始まりからこんなCoreな話を。だって楽しいんだもん。今日もごきげんよう 自主隔離生活2か月、毎年取っていた2か月のバケーションがなくなり、時間がたくさんあります。 会いたいと思った人に会いに行く 行きたいきたいと思った場所に行く 食べたいと思ったものを食べる 寝たいとき寝て、起きたいときに起きる 新しいことに挑戦する こういう […]…

Books

ナポリの物語

昨日の満月綺麗でしたね。 お仕事の関係で普段行かない街に行って疲れて帰ってきました。 ドキドキする、新しい街に出たいな。旅にでたくてしょうがない。 去年2019年はたくさんの人との出会いと、再会、お別れもありました。 人との出会いもそうだし、本との出会いも当たり年みたいな感じでたくさんのいい本を読みました。良縁というやつです。 12月に行った京都旅行。仕事の後に新幹線に乗ってそのまま行く予定で、そ […]…

Books Diary

お祝い✴5年目にはいりました✴

2015年に始めたブログ。ブログを書き始めて5年目になりました。2018年からは私のヨガのお仕事のお話も加わって、更新頻度も増えた気がします。時間が経つのは早い、本当に早いですね。今までブログを読んでくださった方、サポートをありがとうございます。 https://thechichidiary.com/2015/11/ブログ始めました/ たったの530字からはじまったブログ。今は考えや、書きたいこと […]…

Books Yoga

秋のYin Yoga

季節はすっかり変わって秋ですね。さっそく日々のレッスンにも、秋の経絡【肺・大腸】を刺激するポーズをたくさんいれています どのレッスンの前にも行う、自然に湧き上がる呼吸に意識を向ける 今日は自然に湧き上がる感情についてお話します。 怒りや喜びといった感情は体の内側から自然に生じるものですが、その感情が過度になってしまうと「内因」とよばれ感情をほおっておくといずれは内臓そのものを傷つけます。 こういっ […]…

Books Diary Europe 2019

後悔しない生き方

オーストリア人の友人と話をしていると、みんな人生を充実するために仕事をしているなと思います。 仕事のために生きている ではなくて 生きるために仕事をする 雨の日は長く働いて晴れの日は昼過ぎに退社するという風にお話してくれたプログラマーのお友達。彼は週に1回ほどドイツに通っていて(飛行機でウィーンから1時間くらい)出張の多い仕事。 お医者さんの友達。医大を卒業したばかり。週に1回は26時間シフトがあ […]…

Books Diary

ラッフルズホテル ‐村上 龍‐

✡ 手塚治虫が『アドルフに告ぐ』で一段落。『旧約聖書』『ブッタ』『火の鳥』と4つの大物に取り組んだ 3か月でした。手塚治虫先生は絶対Third eyeが開いていたんだと思う。 4つの違う物語全編を通して輪廻転生、因果の関係とかヨガ的に言うとkarmaカルマのお話をしきりにしている。運命のいたずらとか、ソウルメイトとか。 前世でのつながりとかやっぱりあるのかな?と思うほどの強いコネクシ […]…

Books Diary

チャクラの話

私の陰ヨガ先生に貸してもらった本がとってもよくて、読書熱に火が付きました。ほしい本はアマゾンで取り寄せたり、図書館に借りに行ったり。次の日が少し早くても日付変わるまで読んでみたり、ワインを飲みながら読んでみたり。読みたいものリストを読み進めていく期間が始まりました。 わたしの読書熱に火をつけた本 7つのチャクラ キャロライン・メイス Caroline Myss https://www.myss.c […]…